極限さんの遊び心

遊ぶことが大好きなゲームおじさんのブログだよ。なるべく毎日更新努めています

Styx: Shards of Darkness ゴブリンになる

f:id:limitproduction:20170805211835p:plain

Styxの2作目にあたる作品です。

1作目はやっていなくて、ちょっと動画を見てふふーんくらいに思っていました。

 

しかし今作はデモプレイもあってお試しにやってみると

素晴らしく面白いじゃないですか!

 

ゴブリンくんごめん、ちょっと舐めてました。

現在8月5日の時点で半額でsteamで買えますよ!

 

とりあえずデモプレイだけでもやればわかると思うのですが

操作性が抜群に良いです。

ゲームPADでよく遊ぶ自分にはPCゲームでのPADの操作感が非常に重要なのですが、とにかく動かしやすくストレスがないです。

 

そして日本語対応じゃなく英語表記なのですが驚くほど気になりません

チュートリアルの部分がかなり良くできていて

まずそこですべて理解できてしまいます。

 

ストーリーもそこまで難しくなく、エルフぽい悪い人をしばきに行く感じです

 

ゲームシステムはステルスアクションです

 

ここのステルスの部分ですが、かなりいいバランスです

完全に暗殺すらせずにクリアも出来ます

逆に暗殺しまくりでもOKです

 

ただアサシンクリードのようにはチャンバラは出来ません

一応パリィして攻撃して倒せますが、まず複数相手は無理です

攻撃モーション中でもダメージ受けまくるので余裕でこちらがやられます

 

非常にごり押しがやりずらい設計はバランスが良いですね

 

それでもある程度の脳筋プレイは可能ですよ

 

スキルもポイントでアンロックしていけるのでそれによって好みのスタイルにしていけるのでそこも楽しいとこです。

 

特殊能力でMPのようなものを消費して姿を消したり、分身を産み出して操作したりなど

ゴブリンくんはかなりすごいです

 

食べ物や飲み物に自分のゲロを混入して毒殺することもできます。

 

f:id:limitproduction:20170805213206p:plain

アイテムを作ってハンドボウガンで倒すことも可能ですし

よくある空きビンを投げて敵の注意を引くこともできます

 

いままであったこの手のステルスアクションでは正直一番おもしろく感じました。

 

クイックセーブもしやすいので、多用するといいですね。

とにかくすべてにおいて遊びやすい

 

定価になると4980円なので半額の2490円の今、買い時ですよ!

 

久しぶりに面白いって手放しに楽しめるゲームです。

 

 

蛮族と仲良くなる

f:id:limitproduction:20170804232826p:plain

レベル50まであと1なのに、なかなか経験値が稼げないでウロウロしていました

 

そこで蛮族クエストなるものを受けれるようになりました。

画像はサハギン族ですが、ほかにもいろいろとありました。

 

個人的にはコボルト族のクエストが好きですね

めちゃめちゃ悪いコボルトブラック企業ばりの労働をさせられている

コボルト君たちを救うクエストです。

 

この蛮族クエストをこなしていくと関係性が上がっていって友好になるときっと良いことがあるのでしょうね。

 

一日に受けれるクエスト数も限りがあるのでこれは毎日コツコツやるものですね。

 

とにかくやっていないクエストをやっていくと色々な事が起きますね

この辺は他のMMOでは、なかなかに味わえない深みがあります。

 

そして、グラウドカンパニーという3つの団体のどこかに所属するのですが、自分は黒渦団に所属しているのですが、この要素もまったくさわっていなかったのでここもコツコツと軍曹クラスまで昇級させました。

 

自分の知らないやれることが多いので、ほんとに新鮮です。

f:id:limitproduction:20170804233854p:plain

 

あとはモンクを50にするという、とりあえずの目標を達成しようと思います。

 

まさにシドの心境のようにだいぶ装備が揃ってきました

最初の頃は弱そうな恰好で装備でした

やってると強くなるもんですね

 

まだまだ先は長いですが、こつこつやりたいと思います。

 

 

 

 

 

SMITEにも新キャラARTIOさん

f:id:limitproduction:20170803194120p:plain

ちょっと遊んでいなかったSMITEですが、新キャラが来てました。

ARITOさんは近接系のGODです。

 

何より特徴的なのはクマになります。

f:id:limitproduction:20170803194303p:plain

これが、なかなかに楽しいです。

範囲攻撃やスタンもあり、走りまくれるアビリティは攻撃にも逃げにも使えます。

とはいえ癖はありますので、慣れるまでは変身の切り替えが大事ですね。

 

ビルドに関しても全然知識がないので自分では最適な意見は言えませんが

足が速くて攻撃力あれば活躍しやすいという印象です

とはいえレンジがないので、範囲スタンからの追撃が追い付かないこともよくあり

ほかのGODとの連携がやはり大事だと思いました。

f:id:limitproduction:20170803194659p:plain

SMITEが全然下手な自分では簡単な感想しか書けませんが

やっぱりこのゲームはよくできていて

やりこむほど上手くなるものだと感じますね。

 

基本英語表記なのでwikiなどで調べてやることになりますが

それも勉強としては楽しい部類だと思います。

 

何も考えずに遊べるゲームも良いのですが、こういったMOBAは知識が非常に大事になります。

 

キャラクターの特性やアイテムの有効活用は勉強しないと理解していけません

 

最初はなんとなくで遊ぶのも楽しいのですが、勝つためにも味方に迷惑をかけないためにもお勉強は大切ですね。

 

TPSのMOBAであるSMITEはラインどりなどがちょっと感覚的になりますが

その距離感などは実戦で学んでいけるので

お勉強と実戦を繰り返すことで技術が向上していきます。

 

日本ではまだまだ薄いMOBAですが、奥の深さを味わうとやめられない楽しさがありますよ

 

PALADINSやオーバーウォッチ、バトルボーンなどMOBA要素を用いたFPSにも経験は使えると思います。

 

まずはMOBAの攻防を知ることで、安定した動きができるようになると考えます。

ちなみにSMITEはPADでも出来ますので、PADゲーム好きにもおすすめですよ。

マウントは目立つものが多いです

f:id:limitproduction:20170802215555p:plain

雪山を歩いていたら、妖怪ウォッチのウィスパーに乗っている人に会いました。

よくみると、ジバニャンもくっついてますね。

 

だいぶ前のイベントかなんかで入手できたようです

新米冒険者の私はいまだ、ノーマルチョコボにまたがって走り回っているのでうらやましいです。

 

なによりめちゃかわいいじゃないですか

FF14にはたくさんの乗り物があるので、見慣れないものを見ると驚いてしまいます。

 

そして、ついに行き倒れの人を見つけてレイズをかけることが出来ました。

f:id:limitproduction:20170802220021j:plain

アチーブメントの通りすがりの聖者様っていうのを貰えました。

こういう要素もあるんですね

相手の名前はプライバシーの関係上黒くしてあります。

この後はしばらく一緒にFATE狩りなどしてました。

 

幻術士はまだレベル22ですが、ちょこちょこダンジョンに行ってます。

ヒーラーもやっていると楽しいですね。

 

ヒールのタイミングをちゃんとしないと、敵が一斉にかかってくるので、その辺とかはしっかり状況を見てないといけないですね。

 

メインであるモンクも46まで上がっているのでモンク装備の胴体が50のクエストでもらえるのでそこを目指していきます

 

45レベルを超えてから感じたのは、モンク結構強いんじゃねって思うようになってきました。

 

そこそこ死にまくってますが、それも含みで楽しんでいます

ダンジョンなどで死んでしまった時はパーティの皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいですが・・・

 

蛮族クエストなども開放できて、やれることが増えてきてるのでまだまだ楽しみが多いです。

 

 

PALADINS、そうそう新キャラJENOS

f:id:limitproduction:20170801232646p:plain

毎日少しだけ遊んでいます、PALADINS。

 

ちょっと前に追加されたキャラJENOSですが

結構気に入って使ってます。

 

メインウェポンは24発で適正距離ならダメージ120がでるのでヘッドショットなら240、フルオートな感じでレーティングも悪くはありません。

 

ASTRALMARKのアビリティは味方に付与させることで回復できるので、回復をしながら攻撃に回れます。

 

STELLARWINDはステルス状態などにはなりませんが移動速度が上がって、ふんわりジャンプもできます

しかもリキャストタイムがないので、いつでもこまめに使用できます。

発動中ならば、1秒ごとに1発ずつリロードも入ります。

 

VOIDGRIPは相手を拘束して秒間ダメージを与えます

拘束された相手は上空に浮かされますが攻撃などはできますので油断はできませんが

フランクキャラなどがヒーラー狙いにきても返り討ちにできます。

しかしこのアビリティ発動中は自分は攻撃ができないのでそこは注意ですね。

 

ULTであるTTA SPACEは盾であろうが壁であろうが貫通して2400固定ダメージを与えます。

発動までに約1.5秒かかりますが結構な飛距離なので離れて撃てば問題ないです。

 

発動した瞬間にチャージモーションになるので、まずは狙いをつけてから発動しないといけません

 

アビリティは以上なんですが、ここからはPALADINSならではのロードアウト要素

カードをどう組むかで全然動きが変わります

基本的にどのアビリティを強化するか、自分のステータスを強化するかのバランスになっていきますが

まだJENOSのカードがそこまで集まってないのでデフォでやっています。

 

そのへんのビルドなどは個人差があるのでどれがいいとは言い切れませんが、キャラの強みが一番出る組み合わせが良いですね。

 

 

 

 

飛空艇といえばですね

f:id:limitproduction:20170731183640p:plain

冒険をしていると、飛空艇を探すイベントになりました。

 

そこで記憶喪失の男に出会います。

 

f:id:limitproduction:20170731183743p:plain

もはや分かりますね、FFで飛空艇といえばこの人

シドさんです。

 

シリーズでいろいろな姿で出ますが、やっぱりシドじいさんて感じが好きですね

 

f:id:limitproduction:20170731183932p:plain

ちょっと、マッチョすぎません?

そして外はねの髪の毛がヤング感を出しています

思ったよりじいさんしてませんでした。

f:id:limitproduction:20170731184149p:plain

でも渋い感じは出ているのこれはこれでOK

 

ちょっと薄めのゴーグルも一応ついてるのでこれぞシドじいさん。

 

FFやってない人にはどうでもいい事ですね。

 

個人的にはこの飛空艇イベントがきたことでテンション上がりました。

まだ取れてませんが、取れたら有料飛空艇からおさらばできるのでしょうか

 

おそらくそれは関係なく、行ける場所が増えるだけのような予感しかしません。

 

レベルもモンクで40になったので装備も一新できて

かなり強くなってきた感じがします。

 

侍がかっこいいので侍になるためにもレベルは50にしないといけないので、まだレベルあげつつメインクエストを進ませていこうと考えています。

 

トーリーが意外に面白いので進ませるのが楽しいです。

 

 

 

 

 

 

命の恩人に感謝

今日もメインを進めようとがんがんクエストをこなしていました。

途中で素敵なビーチでデカいカニと戦っていたのですが、予想より周りの雑魚カニはばんばん来るし

デカいカニはタフなもので、逃げるのもつらくなっていると

残りHPが6になってました。

 

もはや無理かと思ったところに回復魔法が飛んできました

一瞬で体力満タンになり

そのまま勝つことが出来ました

 

見知らぬ人なので名前は伏せておきますが、ほんとに命の恩人でした。

f:id:limitproduction:20170730204236j:plain

応援もしてくれて、なでてもくれました。

この後ダンジョンではかなり不慣れなタンクさんがいて

かなり苦戦したのですが、イラつかずこちらがタゲをとれるときはとってカバーしてました

 

こういう広い気持ちになれたのも、この命の恩人さんのような人のおかげです。

 

ヒーラーの人も2回やられてしまっても、広い心で待つことが出来ました。

 

そのあとタイタンも倒しにいきましたが、私の適当なDPSをしっかりフォローしてくれる人がいて

無事にクリアできました。

 

はやくもっと強くなって、誰かのために戦えるようになりたいと思います。

 

まだまだ慣れてないとこが多くて、初めてHUD変更とかもしました。

 

画面の見やすさが変わりますね、こういうとこも勉強していかないといけませんね。

 

それでもあまり調べてやるのは好きではないので、行き詰ったときだけにしたいと思っています。

 

もう少し余裕ができたら魔法使いのほうも上げていこうと思います。

やることが多くて大変ですが、やったことが積み重なり無駄にはならないので、まだ必死にやっていこうと考えてます

 

合間にちょこちょこ他のゲームもやりますけど

ゲームがやれるときに遊んでおきたいものです。