極限さんの遊び心

遊ぶことが大好きなゲームおじさんのブログだよ

オーバーウォッチ戦記 交流戦を経験しました


f:id:limitproduction:20161227130943j:plain

昨日はあるクランさんの胸を借りて交流戦をしてもらいました。

突然の申込みに関わらず受けていただけたのをこの場を借りて感謝致します。

実際に団体戦をやるには準備もメンバーもあやふやなままで開始1時間前に全員でクイックを数戦やった程度なので仕上がり自体は良いものではありませんでした

フルパでの動きや連携は少しでも経験を積んでいないと、ここいちの場面でミスがでたり
判断が遅れることはやはり起きますね。

それでもメンバーが必死に勝ちにいく姿勢は普通にやっていたらありえない光景でしたね。

大変に貴重で意味のあるものでした。

各々の反省点などはあるとは思いますが
実力以上のものは出来たのではないかと感じます。

元々のスキルレートと経験から考えても相手のチームより劣ってるのは明白でした。
慎重にやるなら真剣に練習を積んでから挑むことですが、何よりもオーバーウォッチがマンネリ化している現状を変えるには丁度良かったのだと考えます。

個人的には反省点が盛りだくさんなので
まだまだ勉強が必要であり、練習がいりますね。

ソルジャー使用のときはもっと相手のヒーラーを倒しにいきたかったのですが
相手の当たりが強く、前線をオフェンスが離れることはラインを押される要因になると思い余裕がなくなりました。

最近オフェンスをやらなくなっていたのもあって、立ち回りが弱くなってますね。
これは反省点でした。

ゼニヤッタに関しても同じ事が言えました。位置どりの悪さゆえに相手のオフェンスに簡単にやられるようになってました。
ULTの使用もミスばかりでした。
もっと考えてやらないといけないですね。

それでも自分で気付けてないダメな部分がまだまだあると思うので気付き次第意識していかないといけませんね。

それでも上手い人達と試合が出来たことは本当に嬉しい事でした。

もっとオーバーウォッチが楽しくてやる気になれるように精進したいと思います。