極限さんの遊び心

遊ぶことが大好きなゲームおじさんのブログだよ。なるべく毎日更新努めています

JUDGE EYES:死神の遺言 好きな方向に進めるすごろく

 

f:id:limitproduction:20190121161408j:plain

今日でジャッジアイズは最後になります

 

もしかしたらEXハードモードをやるかもしれませんが、25日にバイオやキングダムハーツが出るので、おそらくそちらを遊ぶ時間にもってかれると思います。

 

神室街で前はライザップだった場所にできたVRサロンですが、ジャッジアイズではすごろくバトルになっています

f:id:limitproduction:20190121161654j:plain

VRならではのレールガンやライトサーベルで戦えたりします

 

前に遊んだときは、正直楽しめなかったのですがロングコースが出てからは

かなり楽しめています

f:id:limitproduction:20190121161800j:plain

だって報酬がうまうまなんです

100万ちかくゲットできるので、これはニンマリできます

f:id:limitproduction:20190121161848j:plain

虎とも戦いますが、もはやVRの世界なのでなんでもありですね

 

なによりMAPにいるキングころにゃんを捕まえるか、サイコロの出目を5,6,2と出すと発動するころにゃんモード

f:id:limitproduction:20190121161936j:plain

三回サイコロを振るまで有効なモードなんですが

これでとにかく稼げます

 

全てのマスがコロニャンになって簡単なボーナスゲームをこなすだけなので

確実に稼げます

f:id:limitproduction:20190121162243j:plain

お得なことばかりなVRすごろくですが、利用にはチケットが必要になります

 

無限に遊ぶには引換券を集めないといけなので

そこは注意ですね

 

結局どのミニゲームも楽しんでしまったので、すばらしいゲームだと思いますよ

 

もちろん本編もすばらしかったですけどね

 

八神探偵という木村拓哉さんがこの世界では永遠にカンフーマスターとして残りますね

 

他の出演の俳優さんたちもいますし、こういう作品はなんか貴重だなと思いました。

 

JUDGE EYES:死神の遺言 ポリゴンは最先端技術でした

f:id:limitproduction:20190120165310j:plain

今日のジャッジアイズはまだクラブセガ編です

 

どんだけゲーセンいるんだよ木村さんって思われてそうですけど

 

私が楽しんでいるので勘弁してほしいです

f:id:limitproduction:20190120165410j:plain

今回MOTOR RAIDを遊びましたが、実際この筐体には出会ってなかったですね

 

バイクレースゲーム自体も少なくて、車のレース筐体のほうをよく遊んだ記憶があります

f:id:limitproduction:20190120165600j:plain

このゲームの特徴として、相手を武器でなぐるか蹴ることができます

 

左下のターボゲージがたまれば段階によってスピードアップや武器ぶんぶんモードになれたりします

 

これもアクセルを二回押すだけで、出来るので操作は楽ですね

f:id:limitproduction:20190120165758j:plain

さらに武器攻撃ボタン長押しでロックオンができて、武器をなげつけることもできます

 

相手を倒すとその武器を奪えるのも面白いポイントです

 

f:id:limitproduction:20190120165905j:plain

プレイヤーは4種類の中から選ぶのですが、最初はこのロビンちゃんが無難な感じがしました

加速とグリップが良いので、難しいコースでも復帰がしやすいです

しかしスピードが一番低いので、すぐ追いつかれやすいです

 

ターボゲージを上手く使うのが大事ですね

f:id:limitproduction:20190120170101j:plain

バランスがいいのがI・Oですね

アタックが強いので、ばんばん敵を倒して進めるのもゲームに合ってますね

 

f:id:limitproduction:20190120170230j:plain

そして微妙に差があるGUNZですが、こちらがスピードがMAXなので

コースに慣れたらこいつで十分良いタイムが狙えました

f:id:limitproduction:20190120170354j:plain

ネタっぽいのがGEILAで、非常に扱いずらいです

 

一応コースアウトがないゲームなので、どんだけジャンプで外にでても強制でコースにもどれるので加速が最大のこいつなら復帰もしやすいのですが

スピードの伸びも甘く、攻撃も半端で、なによりグリップ弱いのでコーナリングが厳しい感じを受けました

 

当時遊んだ記憶はありませんが、このゲーム面白いですね

 

ポリゴンのカクカク感が懐かしくもありますが、内容じたいは今あるレースゲームであっても良いと感じました

 

ジャッジアイズで遊んでるのに、セガゲームで満喫してしまったので

あとはVRすごろくを遊んで終わりにしようと思います

 

JUDGE EYES:死神の遺言 もはやクラブセガゲーム

f:id:limitproduction:20190119110333j:plain

これはスペースハリアーの筐体ですが、当時はほんとに筐体ゲームが流行っていました

 

その中でもセガさんは、かなり力が入っていたと思います

 

ほかにもアフターバーナーアウトランハングオンなどの筐体を見るとドキドキしたものです

 

f:id:limitproduction:20190119110513j:plain

ジャッジアイズの中には、スペースハリアーとMOTOR RAIDが遊べます

 

今回はそのスペースハリアーに注目して遊んでみました

 

f:id:limitproduction:20190119110724j:plain

当時のこれが3Dゲームでしたね、どこのゲームセンターにいっても1台はすみっこにあった記憶があります

 

メガドライブスペースハリアー2が出た時は、めちゃめちゃやり込みました

 

27面くらいまでいけてたのが記憶にあります

 

逆にスペースハリアー無印は、そこまでやりこめてなかったので

 

全然ステージやボスの記憶がありませんでした

f:id:limitproduction:20190119111007j:plain

家庭用にも移植されましたが、やはりこの筐体で遊ぶのが好きだったんですけど

お金もあまりない子供の自分にはそこまで遊べなかったんですよね

 

この真ん中のレバーで操作するのですが、ちゃんと手前に引くとキャラが上に動きます

 

左右はリバースではなく普通に動きます

 

しかし特徴的なのはレバーを離すと中央にキャラが戻る仕様です

 

これを利用したクイックリーな戦闘が気持ちよかったのです

 

これが家庭用だと味わえなかったので、あまり遊ばなかったんですね

 

この筐体も座るタイプだと椅子ごと動いて震動までします

 

椅子がないタイプもあって、レバーだけついてるのもありました

 

のちのクレイジータクシーも立って遊ぶのに足元にちょこっとアクセルついてる型がありましたね

そんな感じでした

 

絶妙な相手の弾との距離感に悩ませながら、アナログキーで遊んでると当時の事を思い出しますね

 

そしてゲームをやめるとそこには木村拓哉さんがいて、そういえばジャッジアイズだったんだと思わされます。

 

 

 

 

JUDGE EYES:死神の遺言 プレミアムアドベンチャーで満喫

f:id:limitproduction:20190118160839j:plain

クリアしても、プレミアムアドベンチャーモードでまだ遊んでいます

 

そしてついに、ピンボールの500点超えが出来ました

f:id:limitproduction:20190118160926j:plain

もう無理だとあきらめていましたが

 

クリアした余裕もあって、じっくりプレイしたら達成できました

 

KAMGOミッションはなんだか、制覇したくなるんですよね

 

f:id:limitproduction:20190118161110j:plain


クラブセガの懐かしのゲームたちも、ほんと嬉しいですね

 

ファンタジーゾーンは当時も遊んでいて、思い出がたくさんありますね

 

最初遊んだのはセガのマーク3だった気がします

 

友人の家にあって、すごく遊ばせてもらいました

 

全ステージクリアが余裕で出来るようになったのはPCエンジン版のときでした

 

このジャッジアイズに収録されているのはアーケード版なので

 

一応初プレイでしたが、音やグラフィックの違いを少し感じています

 

これが本家なのかと思い、プレイしましたが

 

さすがに衰えてましたね、まだ全クリアできてませんが

 

ジャッジアイズのゲーセンも制覇しようと思います

 

木村さんの出番がなくても楽しめるジャッジアイズはすごいですね。

 

JUDGE EYES:死神の遺言 全てどうでもよくなりました

f:id:limitproduction:20190117125744j:plain

ようやくストーリーをクリアしました

 

まだクラブセガでチャレンジしていたかったのですが

 

もうキリがなくなるのと時間がなくなるので、ストーリーを進めました

 

もう、そんな実績なんてどうでもよくなるくらい

 

素晴らしい話でした

 

ぐいぐい引き込まれました

 

ローディング画面がちょうどTVでいうCMみたいなタイミングで入るのがまた先を見たくなりますね

 

f:id:limitproduction:20190117130019j:plain

クリアすると報告書としてリザルトが見れました

コンプリートトータル75.3%ですがドローンレースとすごろくを全然やってないので

そこをやっていくだけでパーセンテージは上げれそうです

 

クリアすると、データ引き継ぎではじめから遊ぶこともできますし

 

プレミアムアドベンチャーとして、自由に神室街で遊ぶこともできます

 

スキルポイントを純粋に稼ぐなら、ストーリーを何周もしても良いかもしれませんね

 

実際クリアしたあともプレミアムアドベンチャーモードで数時間遊んでいました

 

色々規制があってネタバレできない部分が多いですが

 

これはぜひともご自分の手でクリアの感動を味わってほしいゲームですね

 

クラブセガファイティングバイパーズでかなりあったまることも

 

バーチャファイターでにやにや遊ぶのも

 

人によって色々な神室街での過ごし方があると思います

 

個人的には海藤さんのキャラがほんと味があって好きでした

 

f:id:limitproduction:20190117130701j:plain

おそらく動画などでストーリーなど見ている人も多いと思いますが

 

PS4を持っていて、こういうアドベンチャーゲームが嫌いじゃない人は遊んでみてほしい作品ですね

 

ものすごさはないかもしれませんが、どこまでも丁寧に綺麗にまとまった作品だと感じました

 

 

 

JUDGE EYES:死神の遺言 かなり頑張りましたが…

ショップミッションとコンプリートミッションを埋めるためにも

ひたすらミニゲーム祭りをしていましたが

 

もう限界が近づいてまいりました

 

先日は龍宮城でおいちょかぶとこいこいのミッションを終わらせて

 

そのまま、ポーカーとブラックジャックも完了しました

 

雀荘も3つミッションを終わらせて、この勢いで八神探偵事務所にあるピンボールに挑戦

f:id:limitproduction:20190116135005j:plain

これで500点をとるミッションがどうにも達成できません

 

ほんと難しいんですけど…

 

ちょっと心が折れかけたのでVRすごろくのチャレンジへ

f:id:limitproduction:20190116135119j:plain

そこまで難しいわけではないのですが、テンポが良くありません

 

そして正直楽しくないのです…

 

これは辛い

 

木村さんも不満気な表情です

f:id:limitproduction:20190116135250j:plain

どうやらVRすごろくをやっている人はこう見えるようです

 

確かにVRを実際にしている姿はこんな感じですね

 

f:id:limitproduction:20190116135403j:plain

しかしながら、ころにゃんだけは可愛いです

 

ゲーム中は広島弁でしゃべるころにゃんですが、このへんは龍が如く6からの流れですかね

 

結構随所に龍が如くネタが多いので、そこは知っているとニンマリできますね

 

今夜にでもストーリーをクリアしようと思います

 

だいぶ寄り道しすぎて、シリアス展開についていけるか不安ですが

 

ムービー機能で振り返ることも出来るので、これで気持ちを高めていこうと思います。

 

JUDGE EYES:死神の遺言 なかなか話が進めません

f:id:limitproduction:20190115163555j:plain

木村拓哉さんは何を着ても似合いますね

 

カメラ機能が楽しく、色々撮ってしまいます

 

f:id:limitproduction:20190115163645j:plain

実際に実績にも100枚写真を撮るのがあるので、ついでで気になったものを撮ってます

 

サイドケースとフレンドミッションを全部やろうとしてると、ほんと時間がかかりますね

 

現在はドローンレースをあくせくしています

 

将棋やバッティングセンターは簡単に全部終わらせたのですが、ゲーセンでの実績は全然です

 

ゲーム内での実績解除もそのままスキルポイントになるので、ついついやってしまうんですよね

 

VRすごろくも全然やれていないので、まだまだ寄り道は続きそうです

f:id:limitproduction:20190115164102j:plain

サイドケースは結構進んでいて、あと少しっぽいのですが

どれもぶっとんだ内容で飽きずにできてしまいます

 

f:id:limitproduction:20190115164205j:plain

彼女イベントなんですが、ゲーム内実績に彼女が4人と出ているために4人まで彼女さんが作れるようです

現在まだ3人ですが、二股とかまったく関係ないのですね

 

彼女になるといつでもデートで身にゲームをして気力を回復できるようになりますね

 

DLCで彼女になる人の服装が売っているので、すでにネタばれになってますね

 

17日にはソウルキャリバー6の調整がくるので、それまでにクリアと実績解除を目指します。