極限さんの遊び心

遊ぶことが大好きなゲームおじさんのブログだよ。なるべく毎日更新努めています。お知らせはTwitterでのみしています。よろしければフォローお願いします。Twitter ID:kyokugen000

真・女神転生V ゆっくりプレイ その319

ここでペテル日本支部から連絡が入りました。 本部主導の万魔会談の日時が明日に確定したそうです。 会談は魔界で行われるとの事で、トウキョウ議事堂で待機との事です。 思ったより早く決まってしまいましたね、明日ってすぐですよね。 転送装置の前でアオ…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その318

消えていく東京の景色を見て、ユヅルはおもむろに言います。 シャカイナグローリーが消えかけているんだと、急に謎発言です。 そのままユヅルは語りだします、18年前に東京は一度滅びている それは世界に混乱を招きかねないという懸念から創造主は奇跡を用い…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その317

ユヅルに屋上で話があると言われて、久しぶりに表に出る事ができました。 一般の人に話しかけてみると、警察官の人が見知った人物から装置を渡されてました。 人間の未来を憂うなら貴様にはこれを持つ資格があると言っていたようです。 これは八雲が警察官に…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その316

ペテルの各国の支部たちによる会議ゆえに、そこで争いにもなると予想する越水長官 それほどペテルという組織はまとまりが良くない気がしますね。 しかし日本支部は終の戦いで戦える者を多く亡くしてると言います。 それこそ創造主が倒された戦いで兵力をほぼ…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その315

私は人間ではないとカミングアウトとした越水長官の正体は、日本を見守る天津神が一柱ツクヨミだったそうです。 日本の神様の1人だったという事が分かりました。 天津神たちは日本を守るためにペテルに協力してきたそうです。 それによって東京を神が救って…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その314

ペテルとの対立に反対の太宰イチロウに対して、越水が語ります。 かつて東京の地に異変が起きた時に、大天使はそれが運命と告げ見放したそうです。 そんな態度をとったペテルに東京を救う意思はないと判断している越水長官。 それでも太宰イチロウは人間が天…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その313

禁じられた世界の創世が唯一東京を救う方法に、ユヅルは考えさせられてるようです。 東京を救いたい気持ちはあっても正攻法じゃない感じが嫌なのかもしれませんね。 禁じられた創世を行うという事は、先に王座についていた秩序を布いた創造主を否定する事で…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その312

魔王を倒して世界は平和になるかもしれないが、東京は滅びの危機を迎えている現状 いまの主人公達に向けられている問題は東京の滅亡の危機です。 アオガミの記憶にもあった大魔王が創造主を倒した事が事実ならば 創造主によって造られていた神の奇跡という東…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その311

東京のペテル日本支部に帰ってきた、主人公達を出迎えてくれるのは越水長官でした。 ここでも魔王アリオクの撃破の働きを誉めてもらいました。 そしてすぐにアブディエル様とうるさい太宰イチロウは世界は平和になると信じています。 ここまで盲信的だと心配…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その310

秩序による平和な世界に、主人公であるナホビノの居場所がないような そんな嫌味な言い方をされますが、現状では必要な存在とも聞こえますね。 そして耳にタコの神の定められた法による秩序こそが、この世界を正しく導くのだと 会話の中で一度は必ず言います…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その309

無事に魔王を倒した主人公にかけよる太宰イチロウ。 やったぜ、さすがだなという安い誉め言葉ですが、それが太宰イチロウぽくていいですね。 アブディエルさまも素直に見事な働きとご満悦のようです。 これで世界の法と秩序は守られると、だいぶ安心してるよ…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その308

八雲と問答を続けていると、ジョカが後ろからやってきました。 どうやら八雲を探していたようですね。 何かあったのかというジョカの問いに八雲は答えるわけでもなく なんでもないと去っていきました。 そして魔王城をあとにすると、入り口では太宰とアブド…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その307

弱い人間にとって悪魔との戦いは決して良いものではないとアオガミは言いますが 八雲は実力差があろうと戦う意志のない者は生きている意味がないと主張します。 そして悪魔にそそのかされて、他人を裏切るような愚か者も死ぬべきと言う八雲 それに対して、厳…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その306

悪魔の勢力が弱まった事で人間が対等に戦えると豪語する八雲。 これが良い時代になったと断言してきます。 ここで突如アオガミが合体を解いて意見してきました。 戦える人間は多くない、悪魔と戦え場多くの人間が死ぬことが良い時代なのかと… そんなアオガミ…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その305

魔王アリオクを倒して入り口まで戻ろうとした主人公でしたが その目の前に意外な人物が現れました。 アリオクを倒したのは貴様かと、八雲がそこまで来ていました。 俺の仕事が一つ減ったと言うことは、八雲もアリオクを討伐にきてたみたいですね。 ここで八…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その304

こちらを一介の悪魔と油断していたアリオクでしたが、主人公がナホビノという事に気がついたみたいです。 魔王でさえ納得できてしまうナホビノの力とは、どんなものなんでしょうね。 間もなく一つの時代が終わるので、主人公こそが新たな時代を作る資格があ…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その303

魔王アリオクとの戦闘が始まりました、開始早々いきなり仲間を呼んできました。 わざわざ無理やり先行をとってするくらいなら、最初から仲間置いておけばいいと思いますが、これは今後もこれをするという意味ですね。 現れたのは二匹のデカラビアでした、少…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その302

魔王城の主であるアリオクとの会話で、神の秩序は完全に崩れ去り 恩恵の失せた土地は消え逝くさだめと言われます。 これは今ペテルによって仮想の東京である世界が消えるという事でしょうが 別に構わないという選択を選びました、その答えにアリオクは面白が…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その301

ついに姿を見る事ができました、魔王の名前はアリオクだそうです。 少し思っていたイメージとは違うので落胆はありますが、ようやくです。 そしてここまでたどり着いた力に敬意を示して話をしてくれるみたいです。 少し予想はしてましたが、本当に話ができる…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その300

ようやく魔王城4層謁見の間の龍脈まで辿り着く事ができました… ここまでの道のりが非常に面倒で予想より大きく時間を取られました。 そして目の前には意味ありげな扉が待っています。 恒例のアオガミセンサーもいつもの強力な悪魔の反応があると知らせてくれ…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その299

アブディエルに止められて、太宰イチロウは考えを変えてくれました。 一緒に先に進みたかったけど、足手まといになるのを危惧してるようです。 気持ちでは自分も魔王と戦いたかったのは本当のようです。 いまの自分に見合う城の入り口で魔王の援軍を防ぐこと…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その298

太宰イチロウが言いにくそうに言った言葉は、魔王を倒せば世界は平和になって 東京も救われるという疑問のようなものでした。 そして、その平和のためになら自分の身が危険でも魔王を倒しに進みたいと言います ここにきて太宰イチロウが勇気を振り絞ってる様…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その297

本部のドミニオン隊が消息を絶ったと連絡があったとアブディエルは言います。 それは、ここにくる前に主人公は目撃しているので少し気まずいものがあります。 魔王城の内部の危険を心配してくれているようですが、先に進むのは止めないようです 実際止められ…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その296

嫌がらせだらけの強風ゾーンを抜けて、魔王城3層大回廊の龍脈まで来れました。 強風を避けたり、押されたりしながらルートを模索するパズル要素わこのゲームに求めてなかったんですけどね… そして先に進むとイチロウとめずらしい人がいました。 こんな所ま…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その295

チェルノボグとの戦闘でしたが、思っているより耐久力がありました。 しかし攻撃力はそんなでもなかったので、やや時間がかかった戦闘でした。 倒した事によって破壊神チェルノボグの合体が解禁されたので良かったです。 新しい悪魔が登録されると、さらに合…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その294

天使の亡骸を見つけた先には、強力な悪魔の反応がありました。 いつものアオガミセンサーがいうので間違いありませんね。 すぐにも目の前でまた天使のドミニオンが虐殺されてました。 主人公も警戒して戦闘モードに入っています。 相手はチェルノボグのよう…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その293

魔王城の中を進む主人公ですが、目の前にドミニオンが天使たちを引き連れていました この場所まで来れてるという事は、そこそこ実力がありそうですね。 ドミニオン達の任務は魔王の居場所を探る事みたいですね。 アプディエルへの熱い忠誠心が泣かせますね。…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その292

ついに魔王城の中に入った主人公ですが、今までのダンジョンと違っていました。 結構しっかり迷路というかルートがある造りをしています。 道中で、壁から強い風が吹き出すところがあると聞かされます。 これはいよいよ面倒なギミックがありそうな予感がしま…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その291

アブディエルは味方を鼓舞して意気揚々と魔王城に攻め込んでいきました。 主人公は天使パワーに魔王城攻略に協力をお願いされます。 お願いされなくても行くのですが、長めの階段を降りると不可思議な模様が見えてきました。 周りの壁もひびが入っていて今に…

真・女神転生V ゆっくりプレイ その290

めずらしく主人公に称賛をくれた大天使アブディエルさまは、ガッツポーズで語ります 全ての善から見放された堕天使を討つだけだと言います。 敵を悪魔と呼んだり、堕天使と呼びますがどちらも結局悪魔の事なんですよね。 あくまで秩序にこだわる感じが、この…