極限さんの遊び心

遊ぶことが大好きなゲームおじさんのブログだよ。なるべく毎日更新努めています。お知らせはTwitterでのみしています。よろしければフォローお願いします。Twitter ID:kyokugen000

龍が如く7 走ることが好きな人達

f:id:limitproduction:20200404140246j:plain

今日は港の方の大きな公園にある、ドラゴンカートにやってきました。

 

ここで仕切るコートの男は、シリーズで出てきたポケサーファイターです

 

ポケサーは現実で言うミニ四駆の事です。

 

時代が変わってだいぶ老け込んだポケサーファイターはドラゴンカートを普及するおじさんになっていました。

f:id:limitproduction:20200404140547j:plain

最初は三種類のカートから選んでレースに参加できるようです。

 

お金を使えばアップグレードする事が出来て、早くなったりグリップがよくなったりします。

f:id:limitproduction:20200404140704j:plain

季節なんて関係ない恰好の人達と横浜の街でレースをします。

 

なんだか、みんな妙にドラゴンカートに対して真剣です。

f:id:limitproduction:20200404140815j:plain

ゲーム内容はマリオカートというか、SEGAなのでソニックレーシングな感じで

 

ミサイルを撃ったりして妨害をしながら、レースをします。

 

f:id:limitproduction:20200404140933j:plain

勝ち進んでいけば、色々なライバルと戦っていけるようですね。

 

f:id:limitproduction:20200404141017j:plain

茨城を制覇した暴走族のあげぽよのリーダーが気になります。

 

このご時世にもう見ることのできない刺繍入り特攻服は逆にスタイリッシュに感じます

 

これも何度も遊んでいくサブストーリーみたいなので、ちょこちょこやっていく必要がありそうですね。

f:id:limitproduction:20200404141215j:plain

そして帰り道に、これまた時代錯誤な少年たちを見つけたので

 

人助けをしてあげました。

 

なんでもリーダーがヤクザの事務所に単身乗り込んだようなので

 

春日くんも単身のりこんで、ぼこぼこにして助けだしてきました。

f:id:limitproduction:20200404141341j:plain

おかげで、ぶっこみの鷹がデリバリーヘルプ呼べるようになりました。

 

召喚獣ゲットです。

 

色々昭和のネタが詰まった今回でしたが、龍が如くシリーズの年齢層の高さをフォローする内容だったと思います。

 

f:id:limitproduction:20200404141545j:plain

私の若い頃は、こんな子供たちが沢山いました。

 

頭は悪かったとは思いますが、陰湿な感じはなく

 

ある意味清々しい連中だったと思います。

 

私も少し友達の付き合いみたいなので、後ろに乗せられて走り回ったりしましたが

 

途中からパンクスみたいになって、ライブハウス巡りをするようになっていました

 

今よりもっと漠然で、でも素直にまっすぐ自分のやりたい事をやっていた時期でもありますね。

 

そんな事を思い出させてくれるイベントでした。

 

龍が如く7 ミチオくんが大好きです

f:id:limitproduction:20200403134115j:plain

寄り道ついでに、一番製菓の営業も頑張る春日くん

 

f:id:limitproduction:20200403134159j:plain

株主総会バトルはデッキを組んで、相性に合わせて発言させていくミニゲームのようなものになっています。

 

これが中々楽しいシステムでした。

 

色々なキャラを入社させてデッキビルドを広げたくなりますね。

f:id:limitproduction:20200403134349j:plain

そうこうしてると、えりちゃんが仲間になりました。

 

これでナンバ先輩の穴は埋まりました。

 

えりちゃんの装備なども買いに、お店をうろうろしていきます

f:id:limitproduction:20200403134529j:plain

すると、どうにも見覚えのある頭が置いてあるんですよね…

 

龍が如く6で桐生さんが着ていた、ゆるキャラである尾道のオノミチオくんが見えるんですよね。

f:id:limitproduction:20200403134655j:plain

近くの公園の道端で、ミチオくんフィギュアを拾いました。

 

そこにミチオくんグッズを展開している男が現れます。

f:id:limitproduction:20200403134758j:plain

どうやら、オノミチオくん人気をパクッて偽物を作ってる奴らがいるようです。

 

彼はその偽物を回収しているようです。

f:id:limitproduction:20200403134945j:plain

ここでサブストーリーの発生になります。

 

偽物を集めていたのですが、本物も含めて全部まき散らしてしまったので

 

本物だけを回収するイベントです

 

偽物は作りが悪いために爆発するそうですw

f:id:limitproduction:20200403135133j:plain

これが中々に、ひっかけ問題みたいな感じで見えるアングルが限られていたりして

 

見極めが大事でした。

 

それでもミスなく終わると、ミチオ鑑定士の称号を頂けました。

 

この広中さんは尾道で最初にゆるキャラオノミチオをマネージメントしていた人で

 

ミチオくんへの愛情が半端なく高い男です。

f:id:limitproduction:20200403135335j:plain

元々はミチオくんの中に入るバイトが逃げてしまった為に、無理やり桐生さんに頼んで

 

ミチオくんの中に入ってもらったのですが、ミチオくんの姿でも悪者をばったばったと倒す桐生さんを見て、広中さんはミチオくんの人気に確信がもてたようです。

 

7になって、ミチオくんは全国展開する勢いまできてたんですね。

 

なんでも、与えられた情報だけで判断して行動を決めつけていたら生まれない偶然ですよね

 

常に挑戦や発見から生まれた、中身が真の極道のオノミチオくんは

 

予想外の挑戦とミックスアップから生まれた成功例だと思います。

 

オノミチオくんをもっと知りたい人は龍が如く6を遊んでみましょう。

 

いまなら龍が如くシリーズはPSストアでセール中ですよ。

 

大変お買い得なので、お家で大人しくしている今こそ遊んでみてはどうでしょうか?

 

龍が如く7 ちょっと街をうろうろ

f:id:limitproduction:20200402132555j:plain

ちょっとレベル上げも含めて、街を散歩しています。

 

立ちションにプライドをもっている、ひげ面の男をみつけてバトルをしたり

f:id:limitproduction:20200402133256j:plain

女王様が、いじめにあっていたりして

 

横浜の空気を味わっていました。

 

それにしても、おかしな人だらけなんですが…

f:id:limitproduction:20200402133420j:plain

今回、強烈だったのはソープランドでおばあちゃんが倒れたと聞いて

 

慌てて店から出てきて、店に服も財布も置いてきて戻れなくなってる男でした。

f:id:limitproduction:20200402133708j:plain

とにかく彼の泡が落ちないように、水をかけている人を避けて服屋さんを目指します

 

なぜかこのタイミングだけ街で水かけや放水が頻繁に行われているので注意です。

f:id:limitproduction:20200402135503j:plain

そしてたどり着いたのが仕立て屋さん。

 

喜び勇んでお店に入り、悲鳴が湧きますが事情を話した彼はツケで服を仕立ててもらいました。

f:id:limitproduction:20200402135751j:plain

これで病気のおばあちゃんに会いに行けると言って去っていきましたが

 

なにもソープランドに行ってる時に慌てて出てこなくてもいいのでは…と思ってしまいます。

 

そんな無茶苦茶なのが龍が如くシリーズのサブストーリーの面白さでもありますね

f:id:limitproduction:20200402140021j:plain

そしてさらに、マゾおじさん。

 

生粋のドMの彼は、毎晩SMクラブを渡りあるいて幸せを感じてるようです。

f:id:limitproduction:20200402140159j:plain

さすがの春日くんも共感できるポイントがなくて、どうリアクションを取っていいかわからなくなってます。

f:id:limitproduction:20200402140252j:plain

マゾおじさんの悩みは、あまりに鞭を浴びすぎて鋼の体になってしまったようです。

 

それならば、春日くんの拳でも良いならばとバトルをします。

 

しかし、まったく無抵抗なマゾおじさんにダメージを与える事は出来ませんでした…

f:id:limitproduction:20200402140527j:plain

公園でブリーフと靴下で落ち込む、マゾおじさん。

 

現状では、これ以上何か出来る事はないようです

 

龍が如くシリーズのサブストーリーは続きものも結構あるので、これは続きがありそうですね。

 

まだまだ街には変態やおかしなことがありそうなので、もう少し春日散歩をしたいと思います。

 

龍が如く7 白い服の女性

f:id:limitproduction:20200401072938j:plain

いきなりですがUFOキャッチャーです。UFOキャッチャーというネーミングはSEGAさんのライセンスのようですね。

 

なのでSEGAのゲームにはちょくちょく出てきますね。

 

SEGAではない場合はクレーンゲームという名称にしないといけないようです。

f:id:limitproduction:20200401073220j:plain

そしてプリクラです、プリント倶楽部ATLUSのライセンスですが

 

ATLUSSEGAと合併しているので、これもそういうわけでちょくちょく出てきます

f:id:limitproduction:20200401073439j:plain

そんな訳で春日くんは今、街で絡まれていた女性を助けてゲーセンにデートに来ています。

 

春日くんは初めて会ったはずですが、彼女の言葉からいつもが連発しているので過去に出会っているのかもしれませんね。

f:id:limitproduction:20200401073604j:plain

やはり彼女の過去に、同じように絡まれていたところを春日くんは助けていたようです

f:id:limitproduction:20200401073726j:plain

春日くんは覚えていませんでしたが、楓と名乗る彼女にはヒーローとして春日くんは記憶されていたようです。

 

f:id:limitproduction:20200401073830j:plain

そして病室からは、よく春日君の事を見ていたという言葉から

 

楓さんは身体が弱かった様子がうかがえますね。

f:id:limitproduction:20200401073936j:plain

病室の景色しか見れない彼女にとって窓の向こうの春日くんの騒ぎは夢中になる要素だったようです。

 

入院すると2日もしないうちに外に出たくなる経験は私にもあります

 

それが何ヵ月とかになると、世の中で自分がいなくなったような気持ちにもなりました

 

楓さんは、おそらく何年も入院していたような気がしますね。

f:id:limitproduction:20200401074251j:plain

おもむろに春日くんは告白されてしまいます。

 

楓さんにとって頼れる男性は春日くんしか出会えなかったのかもしれませんね

 

f:id:limitproduction:20200401074349j:plain

そして私の分も、ずっと長生きしてくださいねと意味深な言葉を投げかけてきました

f:id:limitproduction:20200401074445j:plain

この後、楓さんの姿は消えていました。

f:id:limitproduction:20200401074509j:plain

春日くんの持っていたプリクラにも楓さんは写っていませんでした。

 

知らないうちに春日くんは楓さんの幽霊とデートをしていたようですね

 

出会った時はお昼でしたが、幽霊は昼でも現れるというサブイベントでした。

 

まったく脈絡もなく楓という女性が出てきましたが、そういう切ないエピソードを入れておきたかったんですかね

 

よくありそうなお話ですが、ゲームとはいえ体験できたのは良い思い出になりました。

 

龍が如く7 新たに感じる脅威

f:id:limitproduction:20200331190556j:plain

近江連合の襲撃を感じたまま、九章に突入しました。

 

f:id:limitproduction:20200331190657j:plain

神室町にいる近江連合が横浜異人町を占拠しにくるという事実

 

神室町にいた東城会の英雄たちは、神室町浄化作戦により消えてしまったようで

 

いまは近江連合がのさばる状況ですからね。

f:id:limitproduction:20200331190949j:plain

そしてブリーチジャパンの横浜本部であった小笠原ともう1人の立ち上げた人物

 

これに春日くんは違和感を覚えます。

f:id:limitproduction:20200331191058j:plain

この青木と名乗る、東京都知事は表向きはかなり爽やかで売ってるようですが

 

どうにも裏を感じますよね

 

神室町を浄化した警視庁も結局は近江連合がはびこる現実は許してるわけですし

 

都知事も警視庁も怪しいとしか言えませんね。

f:id:limitproduction:20200331191431j:plain

最初に若の付き人をしたいた春日くんは色々思い出します。

 

若が入れ込んでいた女は警視庁の堀ノ内と出来ていて

 

ショックの若を見る事なく刑務所に入ってしまった春日くんには信じられない過程があります。

f:id:limitproduction:20200331191641j:plain

しかし春日くんは青木の写真を見てすぐに感じているのです、彼は若だと。

 

死んだはずの若がなぜ都知事になっているのか、空白の時間を埋める必要が出てきましたね。

f:id:limitproduction:20200331191800j:plain

立つ事も出来なかった若が、いまのあの姿になっている理由も気になります。

 

やはり物語は東城会と近江連合に関わってくるのですね。

 

物語が大きく動きそうなので、次回からはサブイベントをこなしてレベルを上げていこうと思います。

 

龍が如く7 馬淵みっけ

f:id:limitproduction:20200330132340j:plain

ブリーチジャパン本部にいたのはブリーチジャパン創設者の1人である小笠原でした。

 

ナンバ先輩は確かにブリーチジャパンで保護しているそうです

f:id:limitproduction:20200330142530j:plain

さらには姿を消していた馬淵も、そこにはいました。

 

どうやらブリーチジャパンと前から繋がっていたようです

 

異人三を揉めさせて、ブリーチジャパンと組んで街を牛耳ろうという腹だったようです

f:id:limitproduction:20200330142705j:plain

そういう事でまずは馬淵の手下をぶっ飛ばします。

f:id:limitproduction:20200330142747j:plain

その後は馬淵本人をぶっ飛ばします。

 

普段持ち歩けないような薙刀ですが、やはりボスらしい雰囲気出すには良いですね

f:id:limitproduction:20200330142930j:plain

実際春日くんもおかしなバットで戦いますから、お互い様ですね。

 

f:id:limitproduction:20200330143107j:plain

馬淵に任せて逃げた小笠原の事を聞き出しますが、やはり異人町でした。

f:id:limitproduction:20200330143214j:plain

そしてブリーチジャパンの裏には近江連合がついているようです。

f:id:limitproduction:20200330143306j:plain

そして明日にも近江の兵隊が異人町に攻めこんでくるようです。

f:id:limitproduction:20200330143414j:plain

そしてナンバ先輩が出てきて馬淵を連れていこうとします。

 

こちらの説得も聞かずに、弟を見つけるために馬淵やブリーチジャパンと手を組むと言い張ります。

 

ある意味ではナンバ先輩が襲われる心配はないですが、このままで良いわけないですよね。

 

しかし春日くんたちは明日にも攻めてくる近江連合の問題も考えないといけなくなりました。

 

異人町を舞台にどんどん物事が大きく動いてきました。

 

春日くんたちの取るべき行動は、どうなるんでしょうね。

 

龍が如く7 目的が見えました

f:id:limitproduction:20200329165414j:plain

最初に説明された事は、日本の三権分立についてでした。

 

なんとなく、異人三の仕組みを言い訳しているような気がします。

f:id:limitproduction:20200329170316j:plain

結局は異人三は表向きは、対立しているような図式でしたが

 

裏ではしっかり結託して、偽札事業を行っていたようです。

 

f:id:limitproduction:20200329170437j:plain

中国マフィアが材料を仕入れてきて、コミジュルが偽札を製造して

 

それを流すのが横浜星龍会で、行き着く先が荻久保豊という図式でした。

 

f:id:limitproduction:20200329170620j:plain

春日くんの胸にエラー偽札を入れた人物にアテがある会長は、ナンバを捕まえてくれば

 

教えてくれるそうです。

 

しかし、立場上中国マフィアやコミジュルは刺客を放っています。

f:id:limitproduction:20200329170759j:plain

全ては春日くんの判断と行動に委ねられてしまいました。

 

異人町からは、そう簡単に出れないので、ナンバ先輩はまだ異人町のどこかにいるようです。

 

異人三の影響を唯一受けない場所を推測すると、ひとつだけありました。

f:id:limitproduction:20200329170944j:plain

そこはブリーチジャパンの本部である白遼ビルでした。

 

ナンバ先輩が抜けてしまって三人パーティーで心細いですが、乗り込むしかありません

 

ナンバ先輩を刺客たちより先に捕まえても、どうなるかわからないのが現実です。

 

それでも、ナンバ先輩を助けたい春日くんは出来る限りの事をするようです。

 

どこまでいっても利権と金なんですよね。

 

それを人情で割って入れる春日くんは、すごい人間ですね。